17cmEP_sayonara-konchiwa-0812-16

カップリングで柴田聡子も参加する、広瀬愛菜の初の7インチアナログシングル「さよなら こんにちは」の発売が決定しました。

【試聴室から7インチアナログ発売とライブのお知らせ】
広瀬愛菜『午後の時間割り』より「さよなら こんにちは」をアナログシングル化!
カップリングには柴田聡子と滝沢朋恵による架空のアイドルユニット『バナナジュース』が2015年に一度だけ披露した同曲のオリジナルバージョンが収録されます。
この両A面7インチアナログシングル「さよなら こんにちは」発売を記念して、8月21日神保町・試聴室にてライブを開催します。
広瀬愛菜がアルバム録音メンバーとのバンド編成(伊賀航、北山ゆう子、山之内俊夫、関美彦)で初ライブに加え、柴田聡子、滝沢朋恵のソロ、そしてバナナジュースも登場する、今回限りの特別な内容となります。
もちろんシングルもこの日に先行販売いたします。

「さよなら こんにちは」について
関美彦がプロデュースした広瀬愛菜のデビューミニアルバム「午後の時間割り」の最後を飾る『さよなら こんにちは』(作詞・作曲:関美彦)には、オリジナル・バージョンが存在します。
関が神保町・試聴室でアイドルイベント『SUNDAY GIRLS』を始める前年(2015年)の12月、黄金町にあった試聴室その2で行われた、「試聴室の水プレゼンツ 〜一度はなってみたかった!年忘れ、なりきり紅白歌合戦!!〜」で初披露されました。
このイベントは、ふだんの活動とは違う自分がなりたかった姿になりきってライブをするという設定で、関はアイドルプロデューサーとして、(架空の)アイドルグループ、バナナジュース(柴田聡子と滝沢朋恵)のためにこの楽曲を書き下ろしました。
バナナジュースは売れない地方アイドルでその日が最初で最後のライブという設定だったため、このオリジナルバージョンは2度と披露されることはありませんでした。
今回は広瀬のアルバムから「さよなら こんにちは」をシングルカットするにあたり、オリジナルバージョンを新たに録音し、両A面として発売します。
オリジナルの打ち込みを中心としたサウンドと広瀬バージョンの名手たち(伊賀航、北山ゆう子、山之内俊夫)が奏でるPOPサウンドの対比、バナナジュースのふたりのいつもとは一味違った歌唱と広瀬の15才とは思えない歌をお楽しみください。
シングルのデザインは、イラストレーター、デザイナーとして大活躍中の小田島等が担当という豪華な1枚となっています。

なお、このシングルの発売を記念して、8月21日(火)神保町・試聴室にて、
7インチアナログ発売記念「さよなら こんにちは」コンサートが開催されます。
広瀬愛菜がアルバム録音メンバーとのバンド編成(伊賀航、北山ゆう子、山之内俊夫、関美彦)で初ライブに加え、柴田聡子、滝沢朋恵のソロ、そしてバナナジュースも登場する、今回限りの特別な内容となります。
もちろん「さよなら こんにちは」もこの日に先行販売します。

「さよなら こんにちは」7インチアナログ
作詞・作曲:関美彦

A-SIDE:広瀬愛菜
Drums:北山ゆう子
Electric Bass:伊賀航
Guitars:山之内俊夫
Arrange,Keyboards,Chorus:関美彦
Additional Keyboards&Instruments:吉田仁郎

AA-SIDE:バナナジュース(柴田聡子&滝沢朋恵)
Arrange & All Instruments:吉田仁郎

Recorded,Mixed&Mastered by 吉田仁郎
Cutting Engineer 西谷俊介

Exective Producer 根津悟

Produced by 関美彦(SUNDAY GIRLS)

品番:VTNEP-002
価格:1,500円+税
発売日:2018年11月3日(9月上旬より物販にて先行販売)
発売:VACATION / 試聴室

7インチアナログシングル発売記念『さよなら こんにちは』コンサート
2018年8月21日(火)@神保町試聴室

出演:広瀬愛菜バンド(北山ゆう子、伊賀航、山之内俊夫、関美彦)、柴田聡子、滝沢朋恵、バナナジュース
開場 19:00 / 開演 19:30
予約 3,000円 / 当日 3,300円 (1ドリンク, スナック込)
INFO:http://shicho.org